らしく生きる、それがそもそもブランドだと思うんよね

何年か前から『ブランディング』って言葉が流行り出して、既に当たり前になってきてるけど、ふと思ったことが、改めて言わんでも、それぞれに、自分が思ったままに、らしく生きてるやん

傍から見て、ブランディングがなってない
と、意見する人もいる
それはそれで、客観的な意見として、大事な部分
でも、中には、ほっといてくれ!
って、思う人も居てるやろな~って

その人その人のブランドやから、周りが認めてて、自分が納得なら、それが「え~!あの人もーちょっとこましなかっこしたらええのになぁ」って思ったとしても、その人らしいなら、それでOKやと思う

また、周りのそんな口々の意見なんだか批評なんだかに怯えて、萎縮して、それこそらしく生きられへんよりは、ずっとええと思うねん

ま、人は鏡とよく言うけど、全てではない
が、その言葉に踊らされて、落ち込んだり、がむしゃらになったり、奮起したり、
でも、たまには落ち着いて、自分ってのを見ていいと思うよ

その鏡を見て、
イラッときたの?
腹が立つの?
煮え湯になったの?
泣きそうになったの?
落ち込んだの?

まぁ、たいがいこの
人は鏡だから
って言われる時って、不満に思うことが多いよな~

それを、正直に表に出すか隠すかも自由!
文句言うのも自由!

自分らしくを追求しすぎて、あなた自身を潰さないでね
としか、アドバイス出来ないね

そーいえば、コンサルというかアドバイザーというか、いろんなタイプがいるけど、相手を伸ばすのって、めっちゃ大事なことがひとつあるんだ
それをどー使うかで、クライアントの変化のスピードが違う
って経験をね、この前したんだ〜

それもま、ひとそれぞれだから、押し付けないけど~
わたしはわたしのやり方でしか、出来ないね

たとえそれじゃダメだ
と意見されたとしても、わたし流、それこそ、らしく  だよ

と、気づけたのも、わたしをちゃんと理解してくれてる仲間のおかげ

昨年の変化変容のエネルギーの余波が、まだまだ続いてて、しかもそのエネルギーが鋭く鋭敏になってきてる

今後生きていく、活動していくのに、本当に必要だという仲間、ひと、の削ぎ落としが激しくなってるのには、ひしひしと感じてて、まさにその流れにしっかり乗ってるんやな~と、体は敏感に感じてる

その中で、やっぱり今までのやり方で突き進もうとしてる人が多い
何か自分の身の回りで起こってるのに気づいたというか、巻き込まれたことに気づいたなら、ブレーキをかけるのも大事なことだよ

気づかせてもらえたということで、一旦停止
そして、ゆっくり始動していけばいい

がむしゃらに、そこに突っ込んでいく必要はない

居心地のいいところで、上を向いて前を向いて進んでいける方が、らしく生きれる
近道すぎるのも、遠回りも、選びたきゃ選べばいい

らしく生きるってのを、楽しんだらええよ

どのらしくを選んでも、あなた自身
辛くなれば、軌道修正したらいい
空回りしたら、相談したらいい
ただ、本当に向き合ってくれる相手
らしくを大事にしながら、向き合ってくれる相手

抑えつけたり、圧かけたり、ダメ出しばかりは、要注意!

世の中に悪い人はいない
でも、価値観を押し付けてくるのは、違うんだよ

あなたらしく、模索しながらでも、ちゃんと認めてくれる相手を選ぶのが、得策だと思うな~

あなたがあなたらしく生きれるように、応援して行きますよ~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事