コロナが一旦引き始めてる……けど、これは終息とは言わない
医療崩壊を招かないようにと、非常事態宣言と休業要請が出された
 
日本人は、基本争う血が入ってないから、お願いされたら素直に受け入れる
今回のことも、家から出ないで!と言われたら、なるったけ家にいようと頑張る~
 
そんな、とっても従順な日本人
 
国はこんな国民の上にあぐらをかいてるといってる人もいるけど、なんにせよ、とんでもない数の人々が一挙に感染しなくてよかったねってことですね
 
実は、秋からまたコロナが浮上してくるといわれています
夏を越す…ということは、ほぼほぼ間違いなく、コロナも形が変わって、強くなるでしょう
 
東北の震災のことを思い出してください
津波は、あとになればなるほど、強く大きくなってやってきました
 
コロナも、そぉだと認識だけしといてください
あと、手洗いマスクしてたら、かからない!ってのはちょっと違って、今回の非常事態宣言や外出自粛は、医療崩壊を招かないための措置であって、かからないようにじゃないんですよ
全員がかからないと、本当の終息にはつながらないということを知っててください
ただ、元々持病を持ってたり、基礎疾患があったり、免疫が弱いと重病化するってリスクがありますが、普段から36.5度以上平熱があり、薬を常用してない、元気!という状態であれば、怖がることはありません
あれ?なんか咳がよく出るな、とか、喉がイガイガするかな?とか、ちょっと眠たいなとか……これって普通に風邪やったり、花粉症やったりしますよね
こんな感じで終わってしまいます
怖いなと思うのは、持病がある、常に薬を飲んでる、免疫が落ちてる(ちなみに、常に薬を飲んでる人は免疫力が弱いですからね)って人は、要注意です!
 
11月が危険とも言われています
じゃ、また非常事態宣言、休業要請が出たときに、また給付金が出るのか?と聞かれたら、正直に言うと、出ないでしょうね
 
だって、秋までにまだ時間がありますからね、自分で対策をとるしかありません
 
じゃぁ、今から何をしたら?
そこです
何もしないことを選択する人がいたとしたら、それはもぉリスクを抱えるだけになります
今まで通りの日常が戻ってくると思ってるなら、それは大間違いです
何かをしないと、もぉ誰にも何にも言えなくなるし、「HELP」を言っても、誰の耳にも届かなくなります
 
今回のことでハッキリわかったことは、家にいるということで、思いのほか食費がかかったということ
そして、毎月かかる支払いはそのまま支払いが来ます
しかし、給料が上がるのか?
急には上がりませんし、このふた月ほどの休業要請で、起業もそんな余裕は有りません
 
となると、今度こそマジになって手元に経済が残るようにしないといけないということです
 
犯罪を犯すことはいけません
 
でも、何とかして、数か月分の支払いができるような余裕をお持ちください
 
毎月の支払とは、食費、家賃、光熱費、通信費、保険、クレカ料…最低でもこれはかかってきます
減らせることができるものと言えば、食費とクレカですかね
どう減らすかと言っても、減らす方法を知ってたら、困ってませんね
ところが、収入は増えるどころか減る一方です
どうやってそれを増やすのか……
方法はいくつかあります
後は、その情報を掴むかつかまないか、また掴んでもやるかやらないか
これで、数か月後が決まってきます
一番簡単な方法だけ、お伝えしときます
今までの思考を変える
これだけです
こうでなければならない
前例がない
やったことがないからわからない
そうです!
やったことがないことにチャレンジするしかないのです
なければならないと、今までを執着し続けるなら、あなたは今後生き残ることはできません
変化して、変革を起こしていくしかないのです
ただ、変化するだけでは、元の木阿弥に戻ってしまいます
あなたが、仕掛けていかないと、未来のあなたに会うことはできません
まず、2021年の2月までに、変革して突き進んでください
それができるものを、見つけるのが今の作業です!
何があるのか……
相談に乗ることはできますよ
あなたがあなたらしく突き進むのは、まずあなたが新しいことをチャレンジして、安心できる経済を手に入れてから
そうしないと、このまま2020年春のまま取り残されてしまいますよ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事